筋肉増強剤の効果と副作用

筋肉増強剤とは
筋肉増強剤は、またアナボリックステロイドとも呼ばれています。生体の化学反応によって、摂取した物質から蛋白質を作り出すという蛋白同化作用があるステロイドホルモンを指します。

筋肉増強剤の効果
筋肉増強剤の効果について、筋肉増強剤は副腎や脳下垂体から分泌されるテストステロンという男性ホルモンのような働きがあり、筋肉を合成する作用があります。通常、筋肉増強剤の使用で短期間に筋肉増強を実現することができますけど、長時期に使ったら、筋肉成長を促進することができます。それで、運動選手は筋肉増強剤をよく使用します。

また、脂肪を燃やす効果はあっても、筋肉を増やす効果が弱い筋肉増強剤もあります。それも一部の筋肉増強剤はなかなか効果が出ることができない原因とされています。

筋肉増強剤の副作用
筋肉増強剤は肝臓に対して負担がかかるリスクがあります。また、体内のホルモンのバランスを乱すことができ、体に大きい負担を与えたり、睾丸の機能を低下させることになってしまいます。筋肉増強剤も高血圧、血中LDLコレステロールの増加、血中HDLコレステロールの低下により、心血管系の病気を引き起こすこともあります。他には、筋肉増強剤の過度使用は筋肉を異常に成長させる恐れもあり、注意してください。