筋肉つけるに効果的な食事法

以下は筋肉つけるに効果がある食事です、ゆっくりとご覧になってください。

①食事は1日6食に分ける

身体はエネルギーが不足すると、筋肉を分解してエネルギーに変えると言われました。

そのためには、エネルギー不足に陥らないように定期的なエネルギー補給が必要です。

ですが、食事は1日6食に分けるのがベストになります。

注意点として、6食ともしっかり食べるのではなく、3食分を6分割するくらいの量を摂取しましょう。

②1日1.5リットル以上水を飲む

トレーニングの最中を含め、水分は小まめに取りましょう。身体の約60%は水分で出来ています。

筋トレ中に身体の水分が不足すると、疲労感や筋力の低下、筋肉の痙攣などを引き起こす可能性があります。

また、水は体内の廃物を排出してくれるため、新陳代謝も活発にさせ、健康面にも効果的です。

1日1.5リットル以上を目安に水を摂取して、身体の水を効率的に循環させることができます。

③高タンパクな食事を心がける

食事を取る際に、高タンパクがとても重要です。タンパク質をきちんと摂取すれば、筋肉をきちんと増強できます。

牛ヒレ肉、豚ヒレ肉、豚もも肉、鶏むね肉、ささみなどの肉類にタンパクが多く含まれています。

魚介類であれば、サバ、サケ、タラ、マグロ(赤身)、エビが高タンパクな食材です。

手軽な食材なら、コンビニで販売されている「サラダチキン」や「ゆで卵」もおすすめです。

空腹になったら、お菓子の代わり「サラダチキン」を食べる習慣を作っても良いかもしれません。

もちろん、野菜など健康的な食材で筋肉を付けて適切な体調管理できます。

④目的に合わせた食事メニューにする

食事もトレーニングと同様に、目的に従ってメニューを変えましょう。食事を変えるだけで、効果にもかなり変化があります。

筋肉を増強することで食事の最大のポイントは、高カロリーです。タンパク質と同じくらい炭水化物も取るように意識しておくほうがいいです。

⑤トレーニング後30分以内に食事を取る

トレーニング後の30分間は、筋肉を成長させる筋肉ゴールデンタイムです。

この期間でタンパク質と炭水化物を中心とした食事を取れば、トレーニングによる筋肉の分解を抑えて、筋肉の合成を促進できます。

筋肉ゴールデンタイムの食事は、筋肉を最大限成長させることができます。

食事が厳しい場合でも、プロテインやバナナなどの高タンパクな食事を30分以内に摂取するように心がけましょう。